転職を考える看護師のための総合情報ポータルサイト

【看護師職位(かいごししょくい)】の意味とは?

スポンサーリンク

 

一般企業に職位があるように、看護師にも職位が存在します。

 

看護師についても2002年の法改正に伴い、これまで法律の題名が「保健婦助産婦看護婦法」であったものが「保健師助産師看護師法」と改正されたことにより、それまで女性を看護婦、男性を看護士と呼んでいましたが、以降は男女に関わりなく、看護師として規定されるようになりました。

 

これにより、看護婦長が、看護師長や看護係長、総婦長が、総看護師長や看護部長というように、職位についても名称の変更が行なわれています。

 

【看護主任】
看護師として10年程度のキャリアを持った人が主に就ける役職。看護師長を補佐しながら業務を行い、職場の運営をまとめていきます。

 

【看護師長】
師長などと呼ばれ、各部署のリーダー的存在。その病棟を管理運営する立場にあります。

 

【総看護師長(総師長)】
病院やクリニックなどの場合、現場のトップという位置づけです。一般的な会社でいうところの部長クラスにあたります。

 

 

スポンサーリンク

 

看護師向けおすすめ転職支援サービスはこの3つ!

※目的にあわせて絞り、複数のサービスに登録して比較することをおすすめします

看護のお仕事 親身で徹底したスタッフのサポート力が評判です
<<<お薦めポイント>>>
24時間年中無休経験豊富なコンサルタントが徹底サポート
・全国求人数13万件以上
・看護師専門のシフト共有無料アプリペリカレを提供
・退職理由の話し方までサポートする利用者目線のサービス
・面接設定や条件交渉などを代行して実施

>>>詳細ページへ<<<    
>>>公式サイトへ<<<
ナースではたらこ 看護師人材紹介満足度調査で1位を獲得
<<<お薦めポイント>>>
・楽天リサーチの看護師人材紹介満足度調査1位を獲得
・全国約9万件の情報を掲載し、非公開求人も多数
エリア別担当制により、各地域の現場情報に精通
・働きたい病院を逆指名出来る「逆指名転職」
「バイトル」や「はたらこネット」のディップが運営

>>>詳細ページへ<<<     
>>>公式サイトへ<<<
マイナビ看護師 情報収集力に定評があり、現場の生の情報がわかります
<<<お薦めポイント>>>
・人材ビジネスで40年の実績を持つマイナビグループが運営
・ベストマッチする求人案内。ご利用者満足度96.3%を記録
全国にオフィス展開し、エリア毎にほぼ全ての求人を網羅
・地方在住や多忙な方に、電話やメールでの求人紹介も対応
・数量限定の「看護師転職無料サポートブック」を贈呈

>>>詳細ページへ<<<    
>>>公式サイトへ<<<