転職を考えるようになった看護師のための支援サイト

看護師がアメリカなどの海外で「国際派ナース」として活躍する時

スポンサーリンク

 

年収・給料の項目でも「アメリカの看護師の初任給は日本の初任給の2倍」とお伝えしましたが、アメリカなどで国際ナースとして働くという選択肢も存在し、実際その数も増えています。勤勉で、誠実で、優秀な日本人は、国際派ナースとして各国で高い評価を得ているのです。一つの選択肢として考えてみてはいかがでしょうか?

 

アメリカで看護師として働くには、働く州でナースとしての登録を行う必要があります。(登録ナース:Registered Nurse、略してRN) そして、登録を行うには、NCLEX-RN(正看護師)かNCLEX-PN(準看護師)の試験に合格する必要があります。

 

まずはNCLEXを受験するための資格を得ることが必要です。そのためには、アメリカの大学か短大の看護課程を修了する方法が一般的ですが、日本で正看護師、または準看護師の資格を持っている場合、CGFNS (Commission on Graduates of Foreign Nursing Schools)の試験に合格するとNCLEXの受験資格を得ることができるのです。また、カリフォルニア州とニューヨーク州の場合は、CGFNSの合格なしで、直接NCLEXの受験が可能です。

 

この選択はキャリアの中でも劇的に環境が変わります。
海外で働きたいという夢があったら、一度転職支援サービスのコンサルタントに相談してみると良いですよ。

 

スポンサーリンク

看護師向けおすすめ転職支援サービスはこの3つ!

※目的にあわせて絞り、複数のサービスに登録して比較することをおすすめします

看護のお仕事 親身で徹底したスタッフのサポート力が評判です
<<<お薦めポイント>>>
24時間年中無休経験豊富なコンサルタントが徹底サポート
・全国求人数13万件以上
・看護師専門のシフト共有無料アプリペリカレを提供
・退職理由の話し方までサポートする利用者目線のサービス
・面接設定や条件交渉などを代行して実施

>>>詳細ページへ<<<    
>>>公式サイトへ<<<
ナースではたらこ 看護師人材紹介満足度調査で1位を獲得
<<<お薦めポイント>>>
・楽天リサーチの看護師人材紹介満足度調査1位を獲得
・全国約9万件の情報を掲載し、非公開求人も多数
エリア別担当制により、各地域の現場情報に精通
・働きたい病院を逆指名出来る「逆指名転職」
「バイトル」や「はたらこネット」のディップが運営

>>>詳細ページへ<<<     
>>>公式サイトへ<<<
マイナビ看護師 情報収集力に定評があり、現場の生の情報がわかります
<<<お薦めポイント>>>
・人材ビジネスで40年の実績を持つマイナビグループが運営
・ベストマッチする求人案内。ご利用者満足度96.3%を記録
全国にオフィス展開し、エリア毎にほぼ全ての求人を網羅
・地方在住や多忙な方に、電話やメールでの求人紹介も対応
・数量限定の「看護師転職無料サポートブック」を贈呈

>>>詳細ページへ<<<    
>>>公式サイトへ<<<