毎日更新!転職を考える看護師を応援する総合情報ポータルサイト

派遣看護師として働くメリットとデメリット

スポンサーリンク

 

派遣看護師とは

 

今、多様な勤務体系の一つとして注目されているのが「派遣看護師」です。
派遣看護師は一般の派遣社員と同様、派遣会社に登録して、派遣会社からの指示で決められた職場で働いている看護師のことです。

 

雇用されているのは派遣会社からなので、福利厚生や給与は派遣会社の規定で支払われます。
普通は時給換算で給与は支払われます。また、残業や 宿直などもその規定によります。

 

最近は訪問看護師としての需要が多くなっているようです。
訪問看護師は、介護を必要としている高齢者の自宅などに行き、看護の仕事やときには入浴介助などを行います。

 

派遣看護師のメリット

 

@自分のライフスタイルに合わせた働き方が出来る
派遣看護師の一番のメリットとも言えるでしょう。家庭の事情や体力面などで夜勤などでの勤務が難しくなった場合、希望の勤務時間や勤務地で働くことが可能になります。

 

A希望に応じた仕事先を紹介してもらうことが出来る
たとえ派遣先が嫌な職場であっても契約期間が終われば別の職場に移ることが可能です。その際、看護師の希望を考慮して職場を選定する配慮をしてくれる派遣会社が存在します。

 

B転職をせずに様々な職場で働くことが可能になり、新しい分野でキャリアを広げることが可能
自分のキャリアを考慮し、一定期間に様々な職場での勤務が可能になります。キャリア形成をするうえでメリットとなる面が存在します。

 

派遣看護師のデメリット

 

@常勤看護師との雇用形態の差による働きにくさの問題
派遣看護師は病院側にとっては「お客様」に近い感覚となります。そのため、責任のある程度重い仕事や発展的な仕事は任せにくい傾向にあるでしょう。そのため、物足りなさを感じる面があると思います。

 

A職場でのボーナスやその他の保障が受けられない
待遇面で交通費の支払いがないとか、昇給、賞与などでも正社員と比較して不利な面が少なくないようです。立場的には正社員に比べて下に見られてしまいますので、人員整理の際一番に対象となるケースもあります。但し、派遣でも週30時間以上の就労となると派遣会社の社会保険に加入したり、一定期間働くことで有給が発生します。

 

B短期のため、仕事を覚えるのが大変
派遣先の病院によって、カルテの扱い方や機器の取り扱い、患者さんの取り決めなど、細かな部分で違いがあります。派遣看護師は、それらの違いを、病院のやり方に合わせて覚えるというのが基本なので、派遣先によって自分のやり方を細かく変えていく必要があります。
派遣期間が短期間で終わってしまった場合、やっと覚えたころにまた違う派遣先といった苦労があるようです。

 

スポンサーリンク

 


派遣看護師は自分の望む勤務体系で働ける一方、常勤看護師との差が存在するというデメリットもあります。それをふめえて自分のキャリアを考えていきましょう。
転職支援サービスでは経験豊富な専任コンサルタントによるアドバイスを受けることが出来ます。迷った場合は一度相談してみることをおすすめします。

看護師向けおすすめ転職支援サービスはこの3つ!

※目的にあわせて絞り、複数のサービスに登録して比較することをおすすめします

看護のお仕事 親身で徹底したスタッフのサポート力が評判です
<<<お薦めポイント>>>
24時間年中無休経験豊富なコンサルタントが徹底サポート
・全国求人数13万件以上
・看護師専門のシフト共有無料アプリペリカレを提供
・退職理由の話し方までサポートする利用者目線のサービス
・面接設定や条件交渉などを代行して実施

>>>詳細ページへ<<<    
>>>公式サイトへ<<<
ナースではたらこ 看護師人材紹介満足度調査で1位を獲得
<<<お薦めポイント>>>
・楽天リサーチの看護師人材紹介満足度調査1位を獲得
・全国約9万件の情報を掲載し、非公開求人も多数
エリア別担当制により、各地域の現場情報に精通
・働きたい病院を逆指名出来る「逆指名転職」
「バイトル」や「はたらこネット」のディップが運営

>>>詳細ページへ<<<     
>>>公式サイトへ<<<
マイナビ看護師 情報収集力に定評があり、現場の生の情報がわかります
<<<お薦めポイント>>>
・人材ビジネスで40年の実績を持つマイナビグループが運営
・ベストマッチする求人案内。ご利用者満足度96.3%を記録
全国にオフィス展開し、エリア毎にほぼ全ての求人を網羅
・地方在住や多忙な方に、電話やメールでの求人紹介も対応
・数量限定の「看護師転職無料サポートブック」を贈呈

>>>詳細ページへ<<<    
>>>公式サイトへ<<<