転職を考える看護師のための総合情報ポータルサイト

看護師(ナース)の転職は年齢によって厳しくなるの?

一般的に転職を行うと年齢と共に求人は減り、給与も満足出来る額をもらうことが難しくなります。

 

それでは看護師の場合もこの状況はあてはまるものなのでしょうか?「年齢と転職しやすさの関係」についてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

40代だと転職は厳しい?年齢に関係なく採用を勝ち取る秘訣

結論から述べますと他の業種に比べ、転職出来る可能性は十分にあるといえます。

 

まず前提として、2007年10月に施行された改正雇用対策法により、原則として年齢制限を設定した求人は禁止となっています。例外がある場合は、求人広告内にその理由を明記するか、求職者からの問い合わせに対して、書面やメールなどで記録に残る形で理由を明記する必要があります。

 

実際のところ、求人情報をチェックしてみると、年齢制限未記載、または定年年齢に沿って設定(60歳定年の施設の場合、59歳に設定)するパターンがほとんどです。「看護師の復職」でも述べたように、近年は看護師の人材不足に伴い、再就職を推進している状況もあるため、より年齢は問わないという傾向が強まってもいます。

 

また、看護職ということで見るとその実務経験の豊富さから30代・40代の方の採用を求めている求人も少なくありません。

 

・経験値がある
・突発的な出来事に対し、臨機応変に対応できる
・コミュニケーション能力に長けている

 

という3点が採用側で評価されているポイントのようです。

 

そのため、このようにベテラン看護師を望んでいる求人案件をうまく見つけることが大事なのです。

 

もちろん、年齢不問と記載があるにも関わらず「ベテラン看護師よりも給与の面などから20代の看護師を採りたい」という求人案件があることも事実であり、その施設に入職するのは難しい点もあるでしょう。但し、このような傾向がある求人だったとしてもアピールを上手くこなし見事採用を勝ち取ったケースもあります。

 

このような状況の中、年齢を感じさせないような自己アピールが何よりも大切になります。自分のキャリアを振り返り、スキルの棚卸をしっかりと行っていきましょう。

 

看護師専門の求人サイトでプロのキャリアコンサルタントに相談してみましょう

 

上記のような状況で転職を成功させるには看護師専門の求人サイトを利用するのがベストです。

 

ハローワークの求人だと情報が浅いため、採用側の意図とズレが生じてしまうリスクが潜んでしまうだめです。

 

看護師専門求人サイトに登録するとプロのキャリアコンサルタントが担当として着いてくれます。それこそ何百人、何千人と転職支援をしてきたその道のプロの方ですので、転職を成功に導いてくれる可能性がグッと高くなります。

 

スポンサーリンク

看護師向けおすすめ転職支援サービスはこの3つ!

※目的にあわせて絞り、複数のサービスに登録して比較することをおすすめします

看護のお仕事 親身で徹底したスタッフのサポート力が評判です
<<<お薦めポイント>>>
24時間年中無休経験豊富なコンサルタントが徹底サポート
・全国求人数13万件以上
・看護師専門のシフト共有無料アプリペリカレを提供
・退職理由の話し方までサポートする利用者目線のサービス
・面接設定や条件交渉などを代行して実施

>>>詳細ページへ<<<    
>>>公式サイトへ<<<
ナースではたらこ 看護師人材紹介満足度調査で1位を獲得
<<<お薦めポイント>>>
・楽天リサーチの看護師人材紹介満足度調査1位を獲得
・全国約9万件の情報を掲載し、非公開求人も多数
エリア別担当制により、各地域の現場情報に精通
・働きたい病院を逆指名出来る「逆指名転職」
「バイトル」や「はたらこネット」のディップが運営

>>>詳細ページへ<<<     
>>>公式サイトへ<<<
マイナビ看護師 情報収集力に定評があり、現場の生の情報がわかります
<<<お薦めポイント>>>
・人材ビジネスで40年の実績を持つマイナビグループが運営
・ベストマッチする求人案内。ご利用者満足度96.3%を記録
全国にオフィス展開し、エリア毎にほぼ全ての求人を網羅
・地方在住や多忙な方に、電話やメールでの求人紹介も対応
・数量限定の「看護師転職無料サポートブック」を贈呈

>>>詳細ページへ<<<    
>>>公式サイトへ<<<