看護師の転職サイト|転職を考える看護師のためのポータルサイ

保健師の仕事内容

スポンサーリンク

 

保健師は地域の「健康」をテーマとして仕事をする専門家です。各地域に根差した施設が主な職場となり、保健所や保健センター、国民健康保険組合、都道府県や市区町村の役所などで任務に従事します。

 

人々の健康と安寧のための地域作りを目指し、保健医療福祉行政を具体化することこそが保健師の活動内容になります。

 

具体的な保健師の仕事(役割)をまとめると下記のようなことが挙げられます。

 

・生活者のもとに訪れ、この人々が自宅や地域で安心して生活出来るために、どのようにすれば良いかを把握し検討する

 

・健康を害していても助けを出せていない人に対し、積極的に介入し、助ける

 

・個々人の健康状態に関し、その家族との関係性など全体的な環境から解決に向けて動く

 

・個々人の健康問題を地域全体の健康問題として捉えていく

 

・地域全体の健康課題や目標を関係機関に共有し、繋げていく

 

・地域に住む住民に対し、健康に対する啓蒙を行い、価値観を変えていく

 

地域内で健康について課題を持つ人々に丁寧に積極的にアプローチを行い、地域全体の健康を見守っていくことが保健師の存在意義となります。

 

このような保健師は行政保健師と呼ばれますが、他に企業で働く労働者の健康管理に努める産業保健師や大学などで学生や教員の健康管理を行う学校保健師といった種類もあります。

保健師と看護師の労働環境の違いは?

一般的に看護師の仕事は年収が高い反面、ハードな労働環境であるとされています。それでは、保健師と看護師でどのような働き方の違いがあるのでしょうか?そのあたりをまとめてみました。

 

・看護師は患者と向き合うが、保健師は健康啓蒙のため健康な赤ちゃんから老人まで対峙する対象となる

 

・保健師は看護師にはない、健康に対する啓蒙向上のプログラム開発やそれに伴う相談などの職務が発生する

 

・お給料は看護師より少ない分、夜勤などがなく、自分で時間をコントロールしやすいため精神的・体力的に安定する

 

・看護師はニーズが高く引く手あまただが、保健師はその施設で欠員が出た場合しか基本的に募集をかけないので就職難の傾向がある

 

このように看護師と保健師では様々な点で異なっています。職種を変える場合はこのあたりをしっかりと把握し、覚悟を持って臨みましょう。

保健師の年収・お給料

行政保健師の場合

勤務する地域により金額は異なりますが、地方公務員の一般事務に比べ、2〜3万円ほどお給料が高い水準になっています。具体的に調べるのであれば希望しているエリアの地方公務員の年収・給与を調べてみるのが一番良いでしょう。

 

産業保健師

働く企業の給与体系によります。さらにいうと、保健師の扱いを総合職扱いにするか医療職扱いにするかも企業毎の判断になってきます。それぞれの業界の平均年収・給与を確認してみるとよいでしょう。

 

学校保健師

一般的に行政保健師と産業保健師の中間くらいになるケースが多いようです。こちらももちろん公立か私立かなど学校により変わっていきます。

 

看護師との年収・給料の違い
看護師から保健師に職種を変えると、ほとんどの人の年収は下がります。それは何といっても夜勤手当がなくなることが大きいです。但し、行政保健師の場合、公務員として管理職として昇任していくと、看護師のお給料を超えるようになります。長期的にみると保健師の年収が看護師を上回ることが出てくるというわけです。

看護師から保健師になる方法

保健師になるには「保健師国家試験」に合格し、看護師資格を取得する必要があります。

 

さらに、その試験の受験資格は、看護師の免許を有したうえで、保健師養成学校に6か月〜1年通う必要があります。

 

看護師として働きながら保健師を目指す方は、勤務の合間に保健師学校に進学し、学ばれている方もいらっしゃいます。その場合、保健師学校が通える範囲にあったり、働いている病院で残業がなかったりといった課題をクリアできる環境を用意することになります。

 

現在の環境がそのような状況でなかった場合、当サイトで紹介している転職支援サイトに登録し、条件に見合う病院を専任コンサルタントから紹介してもらうとよいでしょう。

保健師の求人情報について

先ほどお伝えしたように、引く手あまたな看護師に比べ、保健師の求人は圧倒的に少ないです。基本的に、各職場で欠員が出た時のみ募集がかかるわけです。しかし、逆にとらえると、一旦職場が見つかれば、そこで長期的に働くことが可能ということにもなります。

 

そして、このような時こそ看護師専門の転職サイトを活用してみるべきです。ハローワークなどでは出てこない保健師求人が企業努力により集中して集められています。

 

例えば、2015年8月時点、看護のお仕事では公開求人だけで関東エリア内で61件の保健師求人が存在しています。

 

 

職場のみならず職種の変更は相当な労力が必要となります。その時、ナース専門転職サイトの専任コンサルタントがサポートしてくれていればこれほど心強いことはありません。

 

スポンサーリンク

 

看護師向けおすすめ転職支援サービスはこの3つ!

※目的にあわせて絞り、複数のサービスに登録して比較することをおすすめします

看護のお仕事 親身で徹底したスタッフのサポート力が評判です
<<<お薦めポイント>>>
24時間年中無休経験豊富なコンサルタントが徹底サポート
・全国求人数13万件以上
・看護師専門のシフト共有無料アプリペリカレを提供
・退職理由の話し方までサポートする利用者目線のサービス
・面接設定や条件交渉などを代行して実施

>>>詳細ページへ<<<    
>>>公式サイトへ<<<
ナースではたらこ 看護師人材紹介満足度調査で1位を獲得
<<<お薦めポイント>>>
・楽天リサーチの看護師人材紹介満足度調査1位を獲得
・全国約9万件の情報を掲載し、非公開求人も多数
エリア別担当制により、各地域の現場情報に精通
・働きたい病院を逆指名出来る「逆指名転職」
「バイトル」や「はたらこネット」のディップが運営

>>>詳細ページへ<<<     
>>>公式サイトへ<<<
マイナビ看護師 情報収集力に定評があり、現場の生の情報がわかります
<<<お薦めポイント>>>
・人材ビジネスで40年の実績を持つマイナビグループが運営
・ベストマッチする求人案内。ご利用者満足度96.3%を記録
全国にオフィス展開し、エリア毎にほぼ全ての求人を網羅
・地方在住や多忙な方に、電話やメールでの求人紹介も対応
・数量限定の「看護師転職無料サポートブック」を贈呈

>>>詳細ページへ<<<    
>>>公式サイトへ<<<