転職を考えるようになった看護師のための支援サイト

看護師で年収1000万円は現実的?

スポンサーリンク

 

年収の大台である年収1000万円。もちろん収入が全てではありませんがこの数字は現実的にあるのでしょうか?

 

いろいろ調べてみましたが、ケースによっては年収1000万円という人材も存在するようです。

 

・県立病院で師長クラスの看護師
・大学病院の師長になると30代半ば〜後半位から
・私立病院の・一スタッフとして役職手当+諸手当込
・アメリカで働く(初任給自体が日本の倍だそうです)

 

ポイントとしては病院の環境働くエリアキャリアを積み役職に就くといったところでしょう。

 

さすがにアメリカまで行く方はよほどの理由があるかと思いますが、病院選びというのは非常にポイントになりそうです。

月収45万円を確定させる方法

ナースパワー人材センターに登録し、「原則3年以上の病院勤務経験者」「看護師として職業意識が高く協調性のある方」「業務に真摯に取り組む責任感がある方」という条件を満たせば月収45万円以上を確定させるという独自の制度があります。年収にして540万円が確定します。これを利用しない手はないですね。

 

25年の実績と10万人の利用者、そして業界最大級の全国13拠点で3,8000件以上の求人情報を保有しています。

 

さらにユニークな制度が「離島・沖縄応援ナース」。これは6か月の勤務でリゾートを満喫するという人気の制度。毎年1000名の看護師が参加しています。リゾート地で期間限定で働けるなんてとっても素敵ですね。

 

 

スポンサーリンク

看護師向けおすすめ転職支援サービスはこの3つ!

※目的にあわせて絞り、複数のサービスに登録して比較することをおすすめします

看護のお仕事 親身で徹底したスタッフのサポート力が評判です
<<<お薦めポイント>>>
24時間年中無休経験豊富なコンサルタントが徹底サポート
・全国求人数13万件以上
・看護師専門のシフト共有無料アプリペリカレを提供
・退職理由の話し方までサポートする利用者目線のサービス
・面接設定や条件交渉などを代行して実施

>>>詳細ページへ<<<    
>>>公式サイトへ<<<
ナースではたらこ 看護師人材紹介満足度調査で1位を獲得
<<<お薦めポイント>>>
・楽天リサーチの看護師人材紹介満足度調査1位を獲得
・全国約9万件の情報を掲載し、非公開求人も多数
エリア別担当制により、各地域の現場情報に精通
・働きたい病院を逆指名出来る「逆指名転職」
「バイトル」や「はたらこネット」のディップが運営

>>>詳細ページへ<<<     
>>>公式サイトへ<<<
マイナビ看護師 情報収集力に定評があり、現場の生の情報がわかります
<<<お薦めポイント>>>
・人材ビジネスで40年の実績を持つマイナビグループが運営
・ベストマッチする求人案内。ご利用者満足度96.3%を記録
全国にオフィス展開し、エリア毎にほぼ全ての求人を網羅
・地方在住や多忙な方に、電話やメールでの求人紹介も対応
・数量限定の「看護師転職無料サポートブック」を贈呈

>>>詳細ページへ<<<    
>>>公式サイトへ<<<